光目覚まし時計|不登校の保護者に評判。体内リズムを整える光で起こす目覚まし。

更新日:

朝起きるのが辛いという81%の人が楽に起きられるようになった光目覚まし時計とは。

光目覚し時計inti光目覚ましinti4(インティ フォー)

目覚めをスッキリ=夜ぐっすり 光目覚まし時計の考え

朝が気持ちよくスッキリ起きる事ができて、昼間は生産性の高い活動ができれば、きっと夜はぐっすり眠れるんですよね。
夜を気持ちよく寝る事も大事だが、そもそも朝がスッキリ、一発で起きる事ができれば毎日が劇的に変わるかもしれません。

まずは朝の目覚めを「音」ではなく、「光」で目覚める事です。

 

スマホアプリや目覚まし時計のスヌーズ機能は

スマホには時計アプリがだいたいデフォルトで備わっています。どこのメーカーの端末でも時計・アラーム・ストップウォッチはついていますよね。
そして一発で起きれない人向けに「スヌーズ機能」がついています。5分毎に繰り返し音を出します。それによって寝過ごさないようにします。

ただこのスヌーズ機能が曲者です。

身体が慣れてしまい、もはや一発で起きない身体になっています。

たとえば5分おきにスヌーズ設定をしていると

「あ、あと20分寝れる」=4回アラームがなっても大丈夫

と考えるようになりたった5分なのに深い眠りにつこうとします。

そして深くはいりそうになったらまた起こされます。

それを繰り返した結果、かなりボーっとした状態・・・・・めっちゃ眠い!なんて経験、毎日そうじゃありませんか?

 

ある一説によると、このスヌーズ機能は二日酔いのような車酔いのような、すごくだるい感覚を伴う事が多いそうです。
本来は一発で目覚めるのに体のリズムをわざわざ壊してしまうような感じになります。

試しに、一発目で起きてみた感覚と、何度かスヌーズを繰り返して起きてみた感じを比べてみるとわかりやすいでしょう。

 

光目覚ましは本当にいいことばかり

スマホのアラームの音量はどうでしょうか。
目覚まし時計の音量はどうでしょうか。

起きれないからといって、爆音にしていないでしょうか。同じ時間帯前後で、他の家からアラームの音が聞こえたりしたことありませんか。

意外と自分では小さいと思っている音でも、そもそもその音で起きてるわけですから、結構音漏れしているのはご存じですか。
生活のリズムパターンを隣近所に知られるのはあまり気持ちのいいものではありません。

光時計は光を放つ代わりに音を発しません。

自然光に近い強さの光で起きるので本来の体内リズムを取り戻し、活動的な日をおくることができます。

 

光と大音量の最強目覚し
朝、起きる時どうしていますか? 音?バイブ?自然に? その起き方、ストレスまで一緒に起こしていますよ。
ストレスなくスッキリ起きるなら光で起きる事が本質です。 これは人生を変えてくれるアイテムとしてむしろ安い買い物になります。

光目覚ましinti4(インティ フォー)

 

時差ボケも光でなおそう

海外出張が多いビジネスマンや長期旅行者にとって
最大の敵は時差ボケではないでしょうか?

せっかく海外のクライアント向けへ入念に資料を準備しても
当の本人が時差ボケでベストパフォーマンスが出せないのは、非常に勿体無い。

海外でのパフォーマンスが求められる以上、必ず時差ボケと戦わなければなりません。
クライアントは、あなたの時差ボケが治るのを待ってはくれません。

また、旅行で海外を訪れた方、時差ボケで旅行先で寝て過ごしたなんて、勿体無い!

その悩み、解決できたら嬉しい限りですよね!

時差ボケとは?

時差ボケは、体温などの「体内リズム」と
昼夜の「地球のリズム」が同調できなくなっている状態のこと。

実は、人間が飛行機で旅をするようになって初めて現れた現象なんです。

体内時計は1時間ずれると
元に戻すのに1日かかると言われています。

時差が8時間の場合だと、体内時計が元に戻るのに8日もかかってしまうのです!

時差ボケの主な症状

時差ボケの主な症状は、

・睡眠障害
・消化器症状(胃重感、嘔吐感、便秘・下痢)
・頭痛
・肩こり
・腰痛
・易疲労感
・身体のだるさ
・微熱

など、自律神経機能の失調症状があります。

この内睡眠障害は、旅行前から睡眠が不足していると
時差ボケで症状が悪化します。
睡眠不足と時差ボケは大きく関係するんです。

体内時計を整えるために、太陽光を浴びよう!

体内時計を整えるためには、「太陽光を浴びる」ことがとても大切です。

太陽光を浴びると、体内時計がリセットされ、身体が活動状態になります。

また、体内時計の働きで、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌も止まります。

「メラトニン」は、目覚めてから14~16時間ぐらいで再び分泌され

自然な眠気を感じるようになります。

現地の到着時刻が昼間である場合には、できるだけ外で過ごし、太陽光を浴びてください。

朝に太陽光を浴びることが、夜によい睡眠を促すことにもつながるのです。

ブルーライトは、寝る時の天敵!

夜に現地へ到着した場合、なかなか眠れないこともあるでしょう。

しかし、そんな状況でも、テレビやスマートフォンなど電子機器を見ながら起きていてはいけません。

テレビやスマートフォンから出る「ブルーライト」と呼ばれる青色光を浴びると
メラトニンの分泌が抑制され、さらに眠れなくなります。

本人が気づかない程度の非常に短い(ミリ秒)光を照射すると
体内リズムが大きく後退してしまいますよ!
夜に到着した場合は、部屋の明かりを消し、なるべくベッドで横になりましょう。

朝に到着した場合、睡魔に襲われ我慢できないような時は、3時間程睡眠をとります。

それ以上眠ると、体内時計が狂ったままになってしまいます。

つらいかもしれませんが、なるべく昼間は太陽光を浴びて活動的に過ごすことが重要です。

「inti4」で、効率よく光を取り入れる

光目覚ましで時差ボケを治そう

とは言っても、忙しいビジネスマンには光をとる時間も、無い方もいるはず。

ですが、体内時計を整えるのも、乱すのも「光」なんです。

効果的に太陽光を取り入れる方法があれば楽なのに・・・

そこで「inti4」の出番です!
そして、目覚めた直後から「コルチゾール」の濃度が上昇します。

「コルチゾール」は、朝目覚めると濃度が自然に上昇し
体が活動を始める状態を整えやすくしてくれます。

これらを繰り返すことが、「体内時計を整える」こと。

つまり、時差ボケ解消になるのです。

支度中も、テーブルに置いて使えるので効果的に太陽光を浴びることができますよ!

体内時計調整で、健康的に過ごせる

「体内時計は1時間ずれると、元に戻すのに1日かかる」とお伝えしました。

ですが、体内時計は、一日24時間の地球のリズムより約1時間ほど長いんです。

夜しっかり眠り、朝スッキリ目覚める生活リズムを作ることで、
体内時計のずれを調整します。

その誤差を、太陽の光を浴びることで毎朝修正し、体や脳を良い状態にします。

海外のホテルの場合、照明がとても暗く、朝でもあまり陽が差しません。
部屋の照明も暖色系なので、照明で目を覚ますことはとても難しいでしょう。

また現在、時差ボケを完全に解消する理想的な方法は、まだ発見されていません。
朝、脳が目覚めるためには、強い光を目から取り入れることが必要とされます。
もちろん強い光ほど、短時間で効果を発揮します。

inti4は意識的に朝だと、脳に認識させることができるのです。

起床から4時間以内に強い光を見ることで、眠気のホルモンであるメラトニンが減少。
夜の良質な睡眠を促します。ですが、事前に備えることで症状軽減はできます。

 

 

音や振動で、自分自身で辛い環境を作り出している

 

・お子さんは朝になったのか分からないから、起こす必要がある
・起こしても、ぼーっとして、家事まで手が回らなくなる

・一人暮らしなど、自立した場合一人で起きられるか不安になる
・カーテンの開けっ放しは防犯上良くない
・起こしたはいいけど、学校で寝不足になっていないか心配

・夜「早く寝なさい」と言うのが苦痛

などなど、多くの悩みを抱えているかもしれません。

そこで、振動の目覚まし時計を使われているご家庭もいらっしゃるはず。

 

強制的に起きるのは、実は、体に悪いってご存知でしたか?

 

音や振動の目覚まし時計で「強制的」に起こされる行為は、朝から自律神経を乱れさせます。

例えるなら、小動物が敵に襲われた時と同じような状況。

ライオンが(目覚まし時計)が「ガオー」と襲ってくれば、誰でも緊張しますよね。
このように、全身の活動力を高める働きをする交感神経が活発になります。

目覚まし時計の音や振動を聞いて、朝から「ビクッ」としたことはありませんか?
それは、心臓や自律神経、身体に悪い影響を与えてしまいます。

音や振動で、自分自身で辛い環境を作り出しているのです!

朝日を浴びて、自然に起きると1日中疲れにくい!

学校の時間に疲れないためには、自律神経を穏やかにすることが大切です。

そのために、是非朝日を浴びましょう。

目覚めと同時に浴びると、1日のスイッチが入り、生活リズムも整います。

特に目覚め後、すぐに5~30分ほど明るい光を浴びると
学校に着いたころにはしっかり活動モードに切り替わっています。
勉強の効率もup!

人を目覚めさせる光の照度は、2,500ルクス以上

しかし、日の出時間はコントロールできません。
夏は4時台から明るく、冬は7時台になっても暗いことも。

天気によって日照具合も変わってきますよね。
雨の日は朝から、真っ暗なんてこともあります。

そして、朝は家事や身支度で忙しい!
ゆっくりしていられない!
という方も多いでしょう。

人を目覚めさせ、体内時計をリセットするのに必要な光の照度は、
2,500ルクス以上とされています。

一方、普通の室内照明は700ルクス程度。
脳を刺激するには不十分です。

「inti4」で朝日をコントロール

そこで、おすすめなのが「inti4」。

「inti4」は、部屋に差し込む朝日とほぼ同じの最大20,000ルクスの明るさ。
昼白色&暖色の覚醒ブルーライトLEDを搭載している優れもの。

人を起こすのに十分な3,300ルクス(自社調べ)で使えるんです。

音ではなく、光で朝の目覚めを教えてくれます。

光だけで不安な場合、音も設定できます。

高照度ライトで、起きた直後も光を取り入れられる

「inti4」は、 テーブルに置けて、壁掛けにも対応しています。

・起き上がる前、ベッドの上で横になったまま
・朝食を食べながら
・身支度を整えながら

「白色の光」で、眠気を抑え集中力を高めます。

生活のリズムを整え、手軽に朝の光を取り入れましょう。

光で体内時計を整える

光で起きることを習慣化してくると
体内時計が整ってくるため、自然と起きられるようになります。

しかし、起きられるようになったからといって
光で起きることをやめてしまうと
体内時計は24時間ではないため
どんどん後退していき、起床時間も後退してしまいます。

24時間に体内時計をリセットするためにも
光を浴びることは大切といえますね!

「inti4」で豊かな生活を手に入れよう!

朝日を浴びて、自然に起きると気持ち良い目覚めができます。

そして、1日を通して疲れにくい!

お子さんも学校で元気に過ごせることでしょう。

保護者の皆さんも安心して、送り出せるのではないでしょうか?

ぜひ「inti4」で、質の良い睡眠を手に入れ、
生活を豊かにしていきましょう!

 

テレビや新聞800媒体で紹介された光で起こす目覚まし時計が
フルモデルチェンジをして新登場!
光で起きるという人生を変える目覚まし時計を体験してみませんか?
NASAの携帯端末もデザインしたフィンランド人デザイナーが手掛けます。
光目覚まし時計inti4(インティ フォー)

 

 

-快眠グッズ

Copyright© 枕おすすめランキング2019 令和元年 , 2020 All Rights Reserved.